甲子園好きにショックなニュースが入ってきました。

開会式の人文字が継続ピンチ

阪神甲子園球場で開かれる全国高校野球選手権大会の開会式の客席に、「ようこそ 西宮市へ」などと人文字があったことを

覚えている方も多いのではないでしょうか?

その人文字を作ってくれていた市民団体「西宮をPRする会」が、高齢化の為解散してしまいました。

西宮をPRする会のメンバーの方は50人程いらっしゃるそうですが、夏の甲子園は猛暑…ですし体調を崩す人も増えてきたそうです。

お馴染みの光景を楽しみにしている身としては「エッッ!」という衝撃がありました(+_+)。

23日開幕の春の選抜高校野球大会を楽しみにしていたところの突然の知らせが…。

スポンサードリンク



継続方法を模索中

春の選抜高校野球大会の人文字はどうなるのでしょうか?

元会長の竹内博さん(54)は

「長年やってきたので続いてほしいが、今年の大会に間に合うかどうか分からない。諦めずに継続方法を模索したい」

と話しているそうです。

西宮市に担ってもらい別団体で継続する道を模索しているとのことです。

又、西宮をPRする会は春と夏の甲子園大会で、球場の外で出場校のプラカードを持って記念撮影ができる「シャッターサービス」も行ってくれていたそうです。

そのシャッターサービスの活動を引き継ぎを大会主催者に依頼中とのことですが、どちらも検討中で決まっていないそうです。

なので、今回の春の選抜高校野球大会の人文字も目途が立っていないということですね(T_T)。

このシャッターサービスのことは知りませんでしたが、是非引き継いでもらいたいですね…。

履正社・高校野球部の監督

選抜高校野球2019年抽選会


その他ランキング